ジュースクレンズ法の紹介

ジュースクレンズ方法
ファーマシージュースを使った、半日から始めるジュースクレンズ(半断食ファスティング)の方法を伝授します。是非一度トライして頂き、健康・美容を手に入れましょう!

半日ジュースクレンズコース

仕事が忙しい方、会食や飲み会が多い方は、まずこのコースから始めてみましょう!





朝食または夕食のうちの1食をファーマシージュースに置き換えるだけです。あとの2食は通常通りでOKです。 朝食をジュースに置き換えると、前日の夕食後から断食することになります。どんな生活パターンにも取り入れやすいので、継続しやすいです。

また、夕食をジュースに置き換えると、当日の昼食後から翌日の朝食時まで断食することになります。 食事をせずに就寝することで、消化のためにフル稼働して臓器を休めることができます。

1回きりではなかなか、大きな効果を期待することはできませんが、習慣的にすることで効果が増します。

また、夜遅くに食事をしたり、朝食を抜いて昼食を一気に食べてしまった時などには、食事のリズムの乱れを調整することができるのでオススメです。

スケジュールはこちら

一日ジュースクレンズコース

1日だけ頑張ってプチリセット!リセットしたいけど3日間のジュースクレンズの時間が取れない方や自信のない方へ





このコースは、前日から準備期間に入ります。「マゴワヤサシイ」食材=「豆、ごま、わかめ(海藻類)、野菜、魚、椎茸(キノコ類)、いも」の頭文字です。この「マゴワヤサシイ」食材や、味噌・納豆・漬物などの発酵食品、刺身やサラダなどの生の食材を中心とした食事のことを、準備食や回復食と言います。
暴飲暴食を控えて体調を整えておくことで、より大きな効果が期待できます。
ジュースクレンズ当日は、朝昼晩、ファーマシージュースを食事のタイミングに摂るか、1日かけて少しずつジュースを飲んでください。
翌日の朝食は、お粥などの回復食で胃腸を慣らします。
急に消化に悪いものを食べるとかえって体調を悪くしてしまうので注意してください。
週末なら、金曜日を準備日にして、土曜日をジュースクレンズ日、日曜日を復食日にすると、精神的にも余裕を持って取り組めます。
たった1日ですが、想像以上に身体が軽くなったと感じられる方が多いです。
隔週などのペースで習慣化すれば、数ヶ月で素晴らしい効果が期待できます。

スケジュールはこちら

三日ジュースクレンズコース

しっかり効果を実感したい方に。ファーマシージュースの力を借りれば、想像以上に楽に実践できます



週末に時間をとって、このコースにトライしてみましょう!体内の毒素を出せばスッキリします。ファスティング・半断食では、3日目から脂肪燃焼が活発になるため、ダイエット効果も期待できます。
準備期では、身体と心を整えることが大切です。暴飲暴食はやめてください。「マゴワヤサシイ(豆・ごま・わかめ・野菜・椎茸・芋)」食材を摂るように心がけることで、ジュースクレンズに四つ最大限の効果が得られます。
外食の場合も、「マゴワヤサシイ」食材に基づいた和食にするのがオススメです。
ジュースクレンズ期は、質の良い水をしっかり補給しましょう。1日目の夜から2日目の午後にかけては空腹を感じやすいですが、くじけずに乗り越えてください。いつの間にか、空腹感が和らぎ、その後は体も心も軽やかになっていきます。
ジュースクレンズの効果をあげたい方は、ストレッチやヨガ、ウォーキングなどの軽い運動を取り入れることもオススメです。(激しい運動はNGです)
3日間のジュースクレンズに成功したら、個人差はありますが2kg〜5kg減量する方が多いです。
しかし、ここからが肝心で、復食期に暴飲暴食をすると3日間の努力が台無しです。食事は、休めていた胃にもやさしいお粥などから始めてください。その後は、「マゴワヤサシイ」食材の食事で、正しい食事を心がけるようにしてください。